『電子工作の基本』補記 (上の本に載せきれなかったことがらです。些細なことも含みます。)  <順不同>

★0 趣味の始まり
  私は1949年生まれ、家にTV(まだ真空管だった)や電話が入ったのは小学校高学年になってという時代でした。
  そのころTVで観ていた映画の一場面で、自分と同じくらいの年の子が祖父にラジオを組み立ててプレゼントした
  のです。これは大変衝撃的で、すぐに本屋さんで調べ、ゲルマニウムラジオであることを知って、くずやさん(今の
  ジャンク屋さん)の段ボール箱をかき分けて部品をあさりました。出来上がったラジオは居住地がたまたま電波に
  恵まれたようで(横浜)、とても良く鳴りました。初めてイヤホンから流れた歌謡曲は今でも耳に残っています。
  身のわりに子どもが楽しめるようなものはなく、ラジオを組み立てるのを趣味とする仲間が何人かいました。当時、
  そうした子どもが共通してあこがれたのは「アマチュア無線」です。立派なアンテナを立てた家を何軒か訪問させて
  もらったものです。受信機までは作りましたが、その当時で 10万円は掛かると言われた無線局の開設は泣く泣く
  諦めざるを得ませんでした。切なく悲しい我が少年時代の思い出です。(今でも立派なアンテナを見かけるとあの
  当時を思い出し胸が高鳴る)
  結局大決断で趣味として取り組む方向を「オーディオ」に切り替えました。くずやさんで電蓄(真空管が 7本も 8本も
  立ったアンプとスーピーカーのセット)が 1000円で手に入ったのです。これを直し、安物のレコードプレーヤーと
  ソノシート(ペラペラのレコード盤)で音楽を聴いた、これが現在まで続く趣味の始まりとなりました。

★1 ハンダごて
  電子工作では普通20W〜30Wのものを使います(真空管アンプなどでは60Wが使われる)。20Wと30Wでは、
  使ってみると分かりますが、その差はかなり大きいです。私が感じる両者の長所、短所は次の通りです。
  <20W>
    長所:細かい個所やキットの基板などでは適温で使いやすい。
    短所:ハンダが少し多めに使われた箇所では、いくらこて先を長く強く当てても溶けない(手に負えない)。
  <30W>
    長所:慣れると作業を効率よく進められる。ハンダが多めに使われた箇所でも簡単に溶かすことができる。
        ハンダ吸い取り線を使う場合も簡単に溶ける(20Wでは厳しい)。
    短所:高熱のため、手際よくやらないとパーツにダメージを与える恐れがある。例えば青色LEDが壊れやすい。
        また、汎用基板のランド(穴の周りのドーナツ状の銅箔)をはがしやすい。
  両方を所持して使い分けると良いですが、まず1つ用意するとしたら20Wのものを選び、慣れてきたら30Wのものも
  手に入れると良いでしょう。もちろん余裕があれば、最初から温度調節ができるものを選ぶと良いです。
  ちなみに私は30Wのこて1つでやっています(ただし、極めて細かいところでは20Wのものも)。手元に濡れ雑巾を
  置くと、こて先をきれいにしたり、熱を冷ますのに役立ちます。

★2 ICの足を折ってしまったら
  マイコンやICをソケットに差したり抜いたりを繰り替えと、時として足を折ってしまうことがあります。最初は途方に
  暮れますが、次のようにすれば大丈夫です。
  部品(抵抗やコンデンサ)の足の残った線をICの折れた足の根元にハンダ付けするのです。他の足と長さを
  そろえてICソケットに差せるようになればOKです。LEDの足が太く頑丈で使いやすいです

★3 ICやマイコンのソケット
  ICやマイコンはピンの数が8本から14本、18本、28本、40本と様々ですが、そのそれぞれに対してソケットを用意
  するのは大変ですし、ピン数の合うソケットが手元にないこともあります。既製品のソケットの余計な部分を切断
  したり、足りない分を継ぎ足したりという手もありますが、丸ピンICソケット(シングル20P)という製品があるので、
  これを何本か用意しておくと、どのようなICにも使えます。基板に取り付ける際はICに差し込んだ状態で数か所
  ハンダ付けするとよいです(ソケットを垂直にするため)。

★4 意外とハンダ付けしにくいスズメッキ線
  ショートする恐れの無いときは、ビニール線よりスズメッキ線の方が作業が楽なのでよく使いますが、意外とハンダが
  のり難く手間取ることがあります。見た目ではよさそうでも、いわゆるイモハンダということもあります。スズメッキ線は
  少し熱を多めにくわえるようにするとハンダがしっかりのるようです。
  私は長めに残った部品の足を捨てずに溜めておくようにしています。部品の足はハンダがのりやすいので、短い
  距離の場合は助かります。

★5 手元にあると便利なラベル用シール、両面テープ、結束バンド、透明ボンド
  ラベル用シール・・・本来の表示用のほかに、裸線同士が交差する箇所で間に挟み込めば絶縁の役目をしてくれる
  両面テープ・・・電池ボックスや小さなスピーカなど、本来ネジ止めが必要な個所もこれで済ませられることが多い。
  結束バンド・・・文字通りの使い方。複数の線を束ねる。
  ボンド・・・配線で用いた長めのビニール線を基板に貼り付ける。透明の方が後がきれい。

★6 コンデンサ
  コンデンサは目立たないところでの力持ち、思わぬところで威力を発揮してくれることが多いです。一方で、古い機器
  ではこのコンデンサ(容量の大きいいわゆる電解コンデンサ)が老朽化のため傷んでいることがよくあります。
  ・PICマイコンの例でいうと、16F84Aではまず電源に0.1μF(104)は無用だが、高機能のPICでは無いと動作が
   不安定になる.。
  ・DCモータをマイコンで制御するときなど、両端子に0.1をかませるのは常識的に言われるが、実際には不使用でも
   ほとんど問題が生じることはない。ところがある特殊なパーツを使った際は不可欠だった(原因究明に多大な時間を
   要すという苦い経験)。
  ・音声合成LSIでは0.1が無いと動作せず。ほかにもこのようなことがあるかも知れない。うまく動かないときは試して
   みるとよい。
  ・電源回路における電解コンデンサは効果てき面。大容量に越したことはないが大きくなるほど場所を取りコストも
   上がるので、適当なものを見つける必要あり。例えば、IchigoJamの自作基板でDC−DCコンバータを使ってTV
   モニター用の12Vを作っているが、これを直でモニターにつなぐとまともに動かず、電解コンデンサを入れたら動いた。
   この例のように、やってみてわかるということがある。私は電解コンデンサに関してこのような経験多数あり。

★7 DC‐DCコンバータ

  上にも書いたモニター用の電源で用いたDC−DCコンバータですが、「HiLetgo のDC‐DCステップアップモジュール」
  (Webで見つかる)がとても安価でありながら良くできています。モニターは12V、200mAを要しますが、この
  コンバーターでOKでした。結果、IchigoJam基板およびモニターが、携帯などで使われる電源アダプタ(5V、1A)
  一つでまかなえました。

★8 IchigoJamのキーボード
  一般にキーボードはかつて使われたPS2タイプと現在使われているUSBタイプがあります。違いはPCに差すプラグで
  見分けが付けられます。一方、両プラグを変換するアダプタが市販されていますが、これはただ差し口を変換するもので
  PS2タイプとUSBタイプの規格の違いまで変換してくれるものではありません。
  IchigoJamで使われるのはPS2タイプのものですが、USBタイプのキーボードにUSB−PS2変換アダプタを用いても
  機能してくれません。私がIchigoJam用に使っているSANWAのPS2タイプのキーボードが最近プラグをUSBにして
  売り出しました。恐らくIchigoJamを意識してのことでしょう。ところがIchigoJamの方が最近キーボードの受け口を
  PS2にしました。なんとも皮肉な行き違い。でもSANWAのキーボードにはUSBをPS2に変換するアダプタが付属して
  います。(双方が行ったり来たり)
  余談:私はジャンク屋でPS2タイプのキーボードを見つけてきましたが、最近値上がりしているようです。



inserted by FC2 system